MENU
カテゴリーで簡単検索
ホームページ、ブログ完全復旧!過去アーカイブ記事で画像もまとめて更新中!You Tube「角由紀子のヤバイ帝国」でご紹介頂きました。

舌のピアス

ピアスの部位及び名称:スプリットタン、センタータン

皆様ごきげよう、ピアススタジオ大阪の大阪 三重 タトゥー&ピアッシング みやわきです。舌のピアスとは、センタータン、タンリム、ホリゾンタルタン等、そしてスクランパー、タンウェブ等の口の中のピアスも併せて画像付きでご説明します。

目次

舌のピアスとは

舌のピアスは、耳等のピアスと異なる様に思う方が多いと思います。どうも耳以外の部位は不思議に「ボディピアス」と言ういわゆる「耳のピアスは普通のピアス」でそれ以外は異なるカテゴリーと思ってしまっているのではないでしょうかね?耳でも舌でも口や性器、その他の部位でもピアスは同じ「身体」にする事なんですよ。

では何故そう言う判断となってしまっているかは簡単に後述するとしますが、舌のピアスも耳のピアスも同じピアスであるという事でご判断頂ければと思います。

部位が異なるだけでホール完成までに起こりえるトラブル等は一緒ですからね。

なるほど、ピアスという事では身体のどの部位でも基本的に同じなんですね。

舌のピアスの部位

舌のピアスと口の中のピアスの部位も併せて記載しますね。

部位の名称
部位の位置
  1. センタータン
  2. タンリム
  3. ホリゾンタルタン
  4. タンウェブ
  5. スクランパー
  1. 舌の中心部分
  2. 舌の中心部分より縁にズレた位置
  3. 舌先を横に貫通
  4. 舌裏側の筋の部分
  5. 上唇内側の筋の部分

一般的はこれぐらいになると思います。「ホリゾンタルタン」は舌先を横に貫通するので、舌自体を蛇の頭に見立て、キャッチのボールを蛇の目に見たてて「スネークアイ」と呼ばれたりもします。

また、下唇内側の筋にする「アンチスクランパー」とかも有ったりしますが、この部分の筋は個人差で筋が有る人、無い人に分かれると思います。

尚、舌全体にピアスをする事も出来ますから、耳のピアスと同じように複数個する事も可能となります。

舌の長さ等で出来る事は異なったりします。

舌全体の大きさや口から出る長さには個人差有りますもんね。
耳や男女性器もサイズや形状に個人差あるのと同じですね。

舌のピアス画像

では、舌やその他の色々なピアス画像を見てみましょう。

と、言う感じです。複数個する事でかなり見た目のインパクトは違うと思いますが、普段の生活してる会話などでは不思議とピアスが見えない事も多いですね。

\ その他のピアス画像を見る/

\ ホームページで画像を見る/

舌のピアスのアフターケアとホール完成

舌のピアスで一番の心配事と言えば開けた際の刺激によっての「舌の腫れ」という事になります。これは一時的な腫れですので、順調にホールが完成していく過程であれば、施術後三日間は腫れ自体もひどく感じるかもですが、10日~2週間程度の期間で元の舌の状態に戻る事になります。

ただ、腫れが治まってもまだホール自体は傷を治癒してる状態ですので完成しているわけではないです。完成までは一般的に6週間~8週間(一か月半~2か月)の期間が必要と思われています。

その間のアフターケアとしては、日に数回口腔内を清潔に保つという事で、口腔内を水やホットソーク(ソルトソーク)等で濯ぐだけとなります。(イソジンやリステリン等を希釈して濯いでも大丈夫です。)

食事等は状態に合わせて普段の食事をして頂いて大丈夫です。腫れて食事が出来ないや喋る事が難しいと良く言われていたりもしますが、そうなる場合は全体の1割未満で有る様に思います。ほとんどの方は、食事も可能で喋る事も出来ます。まぁ、少しはいつもと違うかもですがその感じを楽しめるのも舌ピアスだけですからね。

腫れる事で舌が不自由になる感じなので咀嚼しにくかったり喋りにくいとなるわけですね。

普段、舌に意識がいかないからですが舌は日常過ごすのに大活躍してますね。

\ アフターケアについて/

舌のピアスの注意点

舌のピアスの注意点としては、やはり腫れの事になります。どれぐらい腫れるかわからない部分も有るのでファーストピアスジュエリーは長めの物を使用する事になります。その際に長いと思っていたサイズでも腫れて埋まったり、下あごにボールが当たるからとラブレットスタッドを使用して埋まったりも有ります。

また、腫れや痛みを感じる事にも個人差が有るので、痛くないからと他人との接触から化膿したという稀な例も有ります。期間的に腫れている、ホールが完成するまでは大切に取り扱う事が大事な事になります。

尚、舌や口周りのピアスは、他の部位と異なり腫れる等の事の期間が終われば、ホールへ負担をかけない為にもジュエリーを適切なサイズに交換する事も可能となります。

完成してから舌ピアスで口の中を遊ばすのも歯頚や歯の為にも良くはないですよ。

遊ぶ振動でキャッチが外れたりしますもんね。たまに確認して締めてあげないとキャッチを飲み込んだりしますよね・・・。

今回のまとめ

以上のような感じでの今回は舌のピアスについてでした。冒頭の「ボディピアス」と「普通のピアス」についてですが身体にすることは同じなのに言い方が違いますよね、ここでボディと言う言葉から大層な感じがしたりしますが、簡単に説明をすると「ピアスジュエリーの形状」の違いとなるわけですよ。バーベル、ラブレットスタッド、キャプティブビーズリング等の形状のジュエリーを「ボディーピアスジュエリー」と言い表しますので、そこでそれらを使用する事で「ボディーピアス」と言うわけです。なので耳にそれらの形状のピアスジュエリーを使用していたらそれはもう「ボディーピアス」と言うわけですね。

詳しい事はまた今後にも説明していきたいと思いますので、今後も色々ご期待ください。

でわ、皆様また明日かもです!バイビーナ♪

この記事を書いた人

目次