LINEで送る
Pocket

皆様ごきげんよう、みやわきであります。今回はポリネシアンタトゥーです。ハワイや南国でローカル達が施してるタトゥーですね。

では、早速

今回のポリネシアンタトゥーは

miyawaki polynesian tattoo
足の甲全面へのポリネシアンタトゥーは意外に少ないですね。ハワイとかでもあまり見ませんよ。

黒一色のトライバルタトゥーは世界中でも人気なデザインとなるのですが、トライバルタトゥーの元となるのが民族ごとの文化としてのタトゥーのデザインとなるのですね。ポリネシアンタトゥーは地域で雰囲気は異なったりするのですが、トライバルタトゥーと言う事では本道でも有りますね。

世界的に人気のデザインとなりますが、まぁそれは日本以外でと言う感もあるので、目に触れる機会は珍しいかもです。南国や外国の方たちへの人気や認知度は高いのでハワイ等に行った際にローカルから話しかけられたりと後日談を聞きますね。

タトゥーはコミュニケーションツールであったりもしますよ♪

今回はダイスのピアス

miyawaki daith piercing
部位及び名称:ダイス、ロック、アウターコンク、アンチトラガス、インナーコンク×2

ここ数年で、耳へ出来るピアッシング部位はほぼ出尽くしたでしょうね。昔では思いもよらない場所へのピアスの装着も出来ると判断できるようになりましたからね。

ただ、ピアスはホールを完成させると言う事が前提ですから、ホールが完成する部位でと言う事ですね。今後ジュエリーの形状等もさらに変わってきて、より安定するって事も可能になって来るんだと思いますよ。急激に新展開と言う事がないピアッシングですが、展開が変わった際は劇的にとなるんでしょうね。

ポリネシアンタトゥーには意味がある

絵をモチーフにタトゥーをする場合に良くデザインの意味って事で、デザインを決めたりもすると思いますよ。これは世界中で同じような考え方と思いますよ。文章や単語等も同じでしょうね。

見てわかりやすいデザインでの意味の表現となるわけですが、ポリネシアンタトゥーの場合は雰囲気を構築するデザインのディテールそのものに意味があると言う事となりますよ。この辺がデザインのみで表現するトライバルタトゥーとの違いでも有りますね。

ただ、ポリネシアンタトゥーのディテールは幾千年という年月を連綿と紡いで来てる事も有りますので、この辺を勝手に創作したら全く意味のない「ポリネシアン風」になりますので本物とは異なるわけですね。

この文化を紡いできてる事に敬意を払う事は非常に大事な気持ちであると思いますよ、僕は。

趣味やファッションのみならず、タトゥーには文化背景が含まれている場合もありますからね。

でわ、皆様また明日かもです!バイビーナ♪

ハワイのタトゥー2
LINEで送る
Pocket

error: Content is protected !!