LINEで送る
Pocket

皆様ごきげんよう、みやわきであります!新年も明けてもう2月、昨年は色々お世話になりました!今年も宜しくお願い致します。!

今回は寒い冬を少しでも暖かい気分でと言う事で「ハワイのタトゥー」ですね。

しかし、今年も去年同様タトゥー、ピアス共に性器に始まり性器の終わる感じがしますね♪

今回のタトゥー画像

miyawaki hawaii tattoo polynesian
ハワイのスタイルのみならずポリネシアンは夏や海辺に良く映えますよ♪

もうご存じの様に「南太平洋」諸国のタトゥーの総称が「ポリネシアンタトゥー」ですね。年末年始や普段にでもハワイ等南の島に行かれた方は、ポリネシアンタトゥーを施していたローカルの皆さんを沢山見たんじゃないですかね?

雰囲気やスタイルはニュージーランドやタヒチ等々各地域で異なったりもしますが、海洋渡来なのでルーツは同じとなりますね。特にハワイやイースター島付近は渡来の最終地点となるようですよ。

どのデザインも良い意味を各デティールに含ませていますので、これを創作すると全く無意味な事にもになると言う事で「ポリネシアン風」となるのでご注意を!

スタジオで特に大きいサイスでポリネシアンをした方がハワイ等に旅行で行った際に、ローカルに声を掛けられて「タトゥー談議」と言う事も良く伺いますよ。これもハワイで仕事していた時に現地でポリネシアンタトゥーで著名アーティストの方々に縁あって教えを伺った事、独立まで主にトライバルやジオメトリック(幾何学)、ヘナ模様等を専門にしていたことが功を奏したと思います。修業時代は今に繋がる良い経験ばかりでしたね!

でも、日本ではまだまだ少ないポリネシアンスタイルのトライバルタトゥーですよ・・・。世界中では黒の模様のいわゆるトライバルタトゥーより、ポリネシアンの方が多いのですがね~。

画像だとどうしても身体に対してのタトゥーの見え方がわかりづらいので今回はスタジオのインスタグラムでも公開の動画も

ま、ポリネシアン考察はまた今後もありますのでね。

今回のボディピアス画像

miyawaki body piercing tragus
部位及び名称:トラガス、イヤーロブ

今やイヤーピアッシングでは定番となっている「トラガス」ですね。イヤーロブ併せてシンプルにまとめた良い雰囲気ですね。

また今度どこかで「ピアス」について考察しようと思いますが、ピアスの部位、ピアッシング部位の各名称は医療での言語等を使用していたりしますので「ドイツ語」で表現との事例が多いみたいですね。

全て漢字や日本語で部位を表しても面白いと思いますけどね~♪

ポリネシアンタトゥーのみならず

過去にハワイでお世話になったと言う事もあるので、今回は特にハワイで僕が思った事ですが、普通に日本の「和柄」のタトゥー、刺青は人気有りますよ!ま、世界中で人気有るのですが、ちょっと面白いな~と思ったのが、個人のアイデンティティ、パーソナルな部分がタトゥーのデザインに現れると言う事ですかね。

自分自身のルーツはどこにあるかと言う事をタトゥーのデザインで主張するって言う感じですね。

表現としての自分自身

ハワイ等はフィリピンや日本人の移民の方も多く、またそこでミックスしていますので、元に和柄でもルーツがフィリピン系なら「ポリネシアン」、元がポリネシアンでも日系なら「和柄」と途中からデザインが変更されたりしてましたね。血と言うのか何なのか、タトゥーと言う自己表現の最たるもので自分のルーツを自分自身を表現するって事は、独特なようで理解の出来る事でもあるように思いましたよ。

そうなってくると日本人は全て「和柄」と言う感じになってもおかしくはないのですが、まぁこれはそうもいかない自由さが面白いのですよね~♪

僕自身も1割洋風、9割和柄ですからね。

ハワイ再登場

しばらく行ってないので、ハワイの友達にも会えずじまいなんですが、今はSNS等でも近況がわかりますので良い時代ですよ!色々変わっているのと思うのでその時が楽しみですね。まだ予定は未定ですが次に行ったら何しましょうかね~♪そんな思いを馳せる2020年初春で候!

でわ、皆様また明日かもです!バイビーナ♪

 

 

 

 

 

ハワイのタトゥー1
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!