LINEで送る
Pocket

皆様、ごきげんようです、みやわきであります!

今回はハワイのタトゥーですね。何処にも行けない昨今、気分だけでもハワイの雰囲気にね。ハワイに行った事があるならローカル達が入れてるの見た事あると思いますよ!TVドラマの、HAWAII Five-Oとかでも見てるかもです。格闘技の方や、ザ・ロック(The Rock)こと俳優のドウェイン・ジョンソンとかもポリネシアンスタイルですよ。

今回のタトゥー画像

miyawaki tattoo hawaii
プルメリアと併せて雰囲気はよりハワイローカルですね。ビーチで良く映えるのですよ♪

寝た状態での画像ですが、立った時に身体のラインが綺麗に見えるように、身体に合わせてデザインの流れが有りますよ。南太平洋のポリネシアンスタイルですから、ホント海との相性は良いですね♪なんやろ、馴染んでるっていう感じかな。

今回のボディーピアス画像

miyawaki piercing horizontal navel
部位及び名称:ナベル、ホリゾンタルナベル

サーフェイスピアッシングですね。上部は一般的なおへそ、下部は横向きにサーフェイスピアッシング「ホリゾンタルナベル」と言う事です。

マイクロダーマルでもサーフェイスピアッシングでも排除、排出のトラブルには気を付ける事となりますが、医療機関等での検査で等で外す事も有ると考えると、サーフェイスピアッシングの方が対応はしやすいでしょう。

ピアスは外す事も出来ると言う事が、魅力の1つでも有りますので後々も考えてってのはスマートでも有りますね。

生きてる限り無常ですからね~♪

ポリネシアンタトゥー

簡単に説明したら、南太平洋周辺の大昔からある、その地域のスタイルのタトゥーですね。

本来はこれをトライバルタトゥーとカテゴリして、良く目にする黒のクリンクリンの模様は「ネオトライバル」と言うカテゴリとなりますよ。

日本ではこの「ネオトライバル」が一世を風靡しましたから、根強く人気があるのでしょうね。ま、世界的に見てもトライバルデザインが一番人気のタトゥーのデザインとなるのですが。

本格的か〇〇風か

ハワイ等に行かれた方であれば目にする事も有ったと思いますよ。大柄なハワイアンの人がしてたりしますもんね。

ただ、残念ながら本場の地域では、何も言うことなく本来のポリネシアンスタイルとなるのですが、いかんせん日本ではポリネシアン風となる事が殆どですね・・・。

子供時代から普通に触れているからか、はたまたアイデンティティーなのかって事ですが、基本がちゃんとあるのですよ。外人さんの和彫りが微妙ってのと同じですかね。

現地の評価

有難い事に僕はハワイで師事した事もあって特にハワイアン、トンガンスタイルは現地に遜色なしにしてるので、施した方がハワイに行ったりした際にローカルから話掛けられる事が多いと聞きました。

タトゥーは意外にもコミュニケーションツールでも有りますし、特にその地域のデザインであれば猶更ローカル達にも興味を持たれるのだと思いますよ。

タトゥーから広がる輪、広がる世界ってのは僕自身も経験しましたからね~♪

アナタにもそんな事があるかもですよ!

でわ、皆様また明日かもです!バイビーナ♪

 

ハワイのタトゥー2
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!