LINEで送る
Pocket

皆様ごきげんようです、みやわきであります!

ご無沙汰で忘れ去られる前に更新です。

miyawaki tattoo body piercing寒くなってまいりましたね~。

誕生日明け以来の更新で随分ご無沙汰をしておりましたが、皆様覚えていてくれていますでしょうか?(笑)

まぁその間特に何も変わらずの毎日でスタジオでは皆様にお会いしておりましたですね。

シルバーウィーク、10月の3連休と様々に続きましたので、更新したかったのですが色々な誘惑に負けてましたです・・・。

そして11月と寒くなってきましたが如何お過ごしでしょうか?

朝晩の温度差が激しいので体調等崩しやすいですが皆様お気をつけてくださいね。

情報過多と口コミ

最近はとにかく情報が簡単に手に入るので、それを上手く生かす事で生活も便利になったりと色々良い面もあるのですが、

その情報の信憑性やどれを選ぶかで、逆に「あれっ・・・・。」となる事もあると思いますね。

またその情報からの思い込みってのも厄介な事だと思いますよ・・・。

何となくあなたも身に覚えがあるんじゃないですか?

僕も多々ありますな・・・。

なのでそんな様々な失敗から結局はそれを体験してる人からの情報が1番信頼出来ると言う事が分かりましたですね。

実際に経験する事が大事なわけで

結局は昔からのことわざや格言も経験や時間の経過によっても変わらない本質的な事について昔からある表現としてと思いますので良く言う「百聞は一見にしかず」等は理にかなった解り易い言葉とも思いますよ。

でもまぁその経験をする「行動」を起こすのもどの情報からそれを選択するのも結局はあなた自身の判断と言う事になると思いますが・・・。

ただ判断の良し悪しは経験した結果であるので、結局はその判断するまでの情報をどれだけ吟味するかと言う事になるので、僕の場合は体験した人からの情報を(特に友人や知人等から)1番の参考にしているわけですね。

1度でもお会いしてる方や、友人、知人から聞く事は信頼性も高く、話を聞く事で疑似体験の様でもありますしね!

で、リアルと言う刺激に勝るものなし

そんな事でこれからの生活はもっとスピーディーでネット等での溢れる情報洪水の世界での生活になってくるのは、今の世の中見ても分かり切った事であるでしょう。

ボーダーレスで国境も時間も関係なくいつでもどこでも世界中の事がわかり知れる中でさらに生活しやすい便利な世の中になると思いますが、その反面慢性化して来たらそれが普通となるので、やはりいつの時代も人とのリアルな繋がりが重要となって来るでしょうね。

情報収集する事が普通になれば溢れる情報に対してそれが単に「あくまで参考」として言うだけの事になるでしょうから、よりリアルな人との繋がりの中からの情報に信頼性を感じられるでしょうね。

簡単に手に入れる事があると人は天邪鬼なので、簡単に手に入れられないものを欲したりするものですよ。

で、今回のタトゥー画像は

miyawaki tattoo dragon龍ですね。

龍、竜、ドラゴン等様々にまつわる言葉もありますが、基本的には「架空の動物」ですね。

それに伴い色々な伝説や物語もあるわけですが、まぁこの辺は皆様も多々ご存じと思います。

タトゥーのモチーフとしては世界中で人気ですね!イメージから男性の方が好みそうですが、女性でも結構ガッツリと龍という方もおられますね。

因みに「逆鱗に触れる」と言う言葉は、龍の顎下の鱗を触ると怒ると言う事からだったと思いましたが間違っていたらごめんなさい。

まぁ僕の顎下の髭を触ると喜ぶので、「逆鱗」とは真逆であります!

で、今回のピアス画像は
miyawaki body piercing
部位及び名称:インダストリアル、トラガス

リクエストが多いですね~、ピアス画像は。

なのであくまでも部位や名称の参考としていますのでご了承くださいね。

インダストリアルと言うのは見た目の名称でありますよ。基本的に2つのピアスホールを1本の棒状のジュエリーで繋ぐ事を云いますので、画像場合は「ヘリックス(アンテナ)を繋いだ」事と言う事になりますよ。これがリング状であれば「オービタル」と言う事になります。昔のピアスマニアの方であれば言わずとも知れた事でしょう。

因みにトラガスはドイツ語らしいと聞いたことがありますよ。

と言う事で楽しい記事で無かったかもですが、今回久々の更新でありましたが、毎日何も変わらず元気で過ごしていますですよ、僕は♪

あなたがいつお越しになっても大丈夫な様にしてお待ちしておりますよ♪

寒くなってきましたので体調崩されない様にお気をつけて毎日楽しくお過ごしくださいね。

でわ、皆様また明日かもです!バイビーナ♪

 

 

 

リアルに勝る刺激なし・・・。@みやわき的考察
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!