身体へのピアッシング部位について

身体、サーフェイス部への部位及び名称のご説明となります。

昨今はジュエリーの改良などにより以前よりはホールが安定する確率も高くはなりましたが、まだまだホール完成までのトラブルは多いです。

昔と名称等も異なっていたり細分化されていたりと多様化しております。

名称等については判る範囲で記載をしますが、名称が異なっても様々にあるとご理解下さい。

生活環境や体質、体躯等の個人差がありますので、全ての部位があなたにご対応出来て、ホールが完成と言う事ではありませんのでご注意ください。

尚、画像からの部位や名称のご説明のみですので、斡旋や勧誘、推奨を致しておりません。ホール完成までの期間や、それまでのトラブル等のご考慮されたうえであなた自身でご判断して、専門の施設や医療機関でご相談して下さい。

ブログですので順次掲載となりますがあなたのご参考にして下さい。

再度確認下さい!

*ご提供して頂いている画像ですので、スタジオでは画像等での斡旋や勧誘、推奨はしておりませんので部位、名称等、皆様のご参考として頂けます様よろしくお願い致します。

*部位の形状等、個人差によって様々異なりますので、トラブル等を考慮して何かございましたら先ずは専門の医療機関、施設等へご相談して下さい。「気になるピアスホールのトラブルについてはコチラ」

error: Content is protected !!